午前中は、ビンさんとの座談会。テーマは、若者の労働観。
今回は、自身のテーマに直結するモノであり、まずは頭と心を整理するべく、highland coffeeにて朝食を。

f:id:SUGOMORI:20160909071337j:plain
食べ終わったトレーを片付けると、笑顔で感謝される。。
多少の違和感を感じつつも良い気分で店を出た。

ベトナムには、食べ終わった食器やトレーを、客が片付ける習慣はないようだ。
日本人が、善かれと思って食器を重ねたりする事を、嫌う人間も多いと聞く。
食器を重ねる事については、自身も懐疑的なのだが・・。(食器の底も汚れ、洗う面積が増える、余計な手間が増えるから。)

『ココは異国の土地ですよ〜。あなたは今、異文化の只中にあるのですよ〜。』と囁かれ、"慣れ"の恐怖を感じさせてくれたのは、甘い甘い、cafe sua da。


ビン氏との座談会。
ホーチミンの通勤ラッシュは、半端でない・・・。
集合時間に遅れてしまった負い目を感じつつ会場へ、ビンさんの寛容な精神のためか、何事も無かったかのような態度で向かい入れて頂く・・。ベトナムでは、時間を守るという意識が、日本に比べて薄いらしい。約束の時間に10分15分遅れることはザラで、一時間の遅れも珍しくないとか。(それは流石に、ダメでしょう・・。と思いつつ)日本が特殊なのかも知れない、と考えると同時に、異文化に救われた?そんな心持ち。

高校卒業→(職業選択)→大学入学
ベトナムの学生は、入学前に将来の職を決定し、それに関する知識を身につけるべく大学に入学する。これが大勢。
選択に至る要素に、親の勧めが大きいという者も多いと嘆くビン氏。
近年、他人の話を疑ってかかる癖が着いてしまった自身。
親の勧めを選択の核に置く者の中には、親への恩義や感謝から、進んで受け入れる考えもあるのではないだろうか、それも一つ、素晴らしいことでは無いかと考える。しかしながら、ビン氏に言わせれば其れは、"怠け"だそうだ。
なるほど、確かに勧めを受けての選択に、自らの考え、決断はない。それは、失敗の際の言い訳、責任の押しつけ先ができるということに繋がる。

家族主義。親と自分。『自分の時間は、自分に由る。』
『従属ではなく、意志』であれば其れは、嘆くべき事でないだろう。


同時に、キャリアデザイン学部とは?との、問いへの答えに寄与する体験となった。
                       (※考え方には個人差があります)
18〜19の若者にとって、一生を計画立てること(特に職について)の難しさ、日本においては特に、社会システムに問題がある事を前提として、自身のキャリアを考え、同時に、他者を支援する人材となる事を目的とする。

f:id:SUGOMORI:20160909085846j:plain

 


"すきま"の時間にカフェへ。
店選びの基準は、人口密度の低いこと。
ある男は言う、
『低い人口密度は同時に、低い顧客満足度という危険を孕むのだ・・。』と。

sweetsのショーケースを一瞥した客を、見逃しはしなかった。
少々強引なススメで、うまく在庫処理された感は否めないものの、購入。
こういう勘は、往往にして当たるもの。
「食器は、このまま置いてきますよ?」と店を背に歩きながらも、ちらちらと、食器の行く末を確認してしまう自分。異文化の実践は、難しい・・。

f:id:SUGOMORI:20160909085937j:plain


レクイドン高校、夜間日本語授業の見学。
1クラス(10~15人)に非ネイティブ講師が一人つき、リスニングや教科書本文の音読など、内容は日本同様のスタイル。
交流の時間が持たれ、日本への思い入れや、学ぶ理由などについて、意見を交わす。
漫画が好き、日本の会社で働きたいなど、概ね予想した通りの回答が多かった印象だが、中には、『中学入学時に、親が日本語教室への通学を決めた。何も知らなかったので、驚いた。』というものも。
彼は、今後も勉強を続け、日本に渡るのだろうか・・。

日本との物価格差や技能実習制度などの問題を考えると、日本に来てください!と言の発言を、躊躇った・・。